不動産売却したい人が知っておくべき基礎知識

ここでは不動産売却をする際に売主として押さえておくべき情報や基礎知識について紹介しています。

失敗を避けるために必要な不動産売却の基礎知識

不動産を売却する際は不動産会社に相談することとなりますが、売主として売却についての知識もある程度持っていないと失敗します。

そこで不動産会社選びから売却方法、タイミングなど知っていると役に立つ情報をまとめました。

不動産の売却の依頼をするタイミングはいつがベスト

不動産売却には売り時があって時期的には2~3月が最もよいと言われています。これは転勤や入学など人々の移動シーズンだからで、その意味では9月も狙い目になります。こうした時期やタイミングを外すと全く売れないこともあるので注意が必要です。

また、そうした世の中の動きの他に大切なこととして自分の事情があります。離婚や相続などライフスタイルの変化で時間に余裕がない場合はできるだけ売却を急ぐ必要がありますし、住宅ローンの返済状況によっては見送ることも検討しなければなりません。

不動産の売却時期について詳しくみる

地元の不動産会社と大手不動産会社の違い

不動産売却で最初に迷うのが大手と中小どちらの不動産会社に相談するかということです。大手の最大の特徴は情報量の多さです。顧客データの数も膨大で集客力もありますが、地域の特性を理解しなかったり売り急ぐ傾向にあります。

地元に古くからある中小不動産会社は地域の特性を熟知しているため、査定額の精度が高いのが特徴です。全国対応ではないのが弱点ですが、山奥など大手はあまり知らない深い情報まで把握しているので頼りがいがあります。

大手不動産会社との違いを詳しくみる

売却における買取と仲介の違い・それぞれの流れ

不動産売却をする方法としては買取と仲介の2種類があります。買取の場合は買い手は不動産会社で、仲介の場合は一般の人が買い手となるという点が大きく異なります。不動産会社によっては仲介で売れなかった場合に買取を行うところもあります。

買取には仲介手数料がかからず売却まで時間がかからないなど多くのメリットがあります。仲介は買取よりも査定額が高めで高く売れる可能性がありますが、査定価格=売却価格ではないので値下げを要求されることもあります。

不動産売却の仲介と買取の違いを詳しくみる

戸建て?マンション?不動産会社によって違う得意分野

不動産を売却する場合はどこに相談しても同じということはなく、不動産会社によって必ず得意・不得意があります。賃貸住宅の仲介専門だったり競売物件の転売の収益で成り立っている会社など様々で、選び方を間違えると売却に失敗してしまいます。

不動産会社を見極める方法はホームページや広告掲載の内容を確認してどの分野をアピールして何が得意なのかをまず確認することです。また中に入って相談しなくても実際に店舗まで行くと得られる情報がたくさんあるので大変有効です。

不動産会社の得意分野についてもっと詳しくみる