地元の不動産会社と大手不動産会社の違い

ここでは大手と地元中小の不動産会社ではどこが違うのか、それぞれの特徴や違いについて解説しています。

大手と中小不動産会社はどこが違うのか

近年、不動産売買の現場において、「広い家に住み替えたい」という方や「子どもが独立し、家が広すぎるので売ってもう少し手狭な家に買い替えたい」など、ニーズに合わせて住環境を再検討する方が増えてきました。

一生のうちに何度も行うこともないとは思いますが、藤沢エリアで不動産を売りたい、買いたい、買い換えたいという場合金額が大きい、資金計画が不安、そもそもまずなにから手続したらよいかわからない……など心配や不安に思うことも多いようです。

今回は、不動産売却をしたいと思ったときに最初に考えるべきことを紹介します。

不動産売却の際に最初に迷うのが、名前をよく聞く大手不動会社に相談するか、地元にある中小規模の不動産会社に相談するかということでしょう。売却する不動産によってどちらが良いかが決まりますので、相談する前にそれぞれの特徴をよく理解しておくことが重要です。

大手は顧客データの情報量が豊富

大手の最大の特徴は顧客リスト・顧客データの情報量の多さでしょう。全国にネットワークを持ち、顧客データの数も膨大ですし、中古物件を探している人は最初は大手に相談する傾向が高いですから購入希望者が見つかる可能性も高いと言えます。

特に中古マンション売却においては取引数も豊富で広告にお金をかけられる大手不動産会社の方が圧倒的に有利です。そもそも地元の中小不動産会社ではマンションを扱っていない場合もありますから広く集客を求める物件なら大手を選ぶべきでしょう。

逆に大手には弱い部分もあります。データのマッチングはできても、売り出し価格が高額なためなかなか売れずしばらくの間塩漬けに・・なんてこともよくあるケースです。そうなると結果的には、契約成立のために売り主に値下げを要求してくるケースも出てきます。また、その地域の特性を理解していないことが多く、必ずしもよい取引ができるとは限りません。

地場中小は地域の特性を熟知し情報が深い

大手のように全国対応ではなく、かけられる広告費も限られているので、広く全国から買主を探したいという場合には向いていません。

逆に、地域密着でやっている中小の不動産会社は知名度のある大手とは異なり、地域の特性については熟知しています。表面上のデータだけでなく、地域の過去の取引データを参考に物件の価値を判断するので査定額の精度が高いのも特徴です。

また、大手があまり拠点を持っていない郊外エリアや山奥に関しては、大手が敵わないような深い情報を持っていたり、その地域にこだわって物件を探している人をよく把握しています。

特に地域密着で長年やってきた不動産会社は地元との繋がりが強く、そのネットワークを活かした情報網や、地域を知り尽くした対応力が強みになります。地元で長年やっているということは、逆に言うとこれまで悪いこともしていない、信用されているという裏返しにもなります。

複数社に依頼を査定の依頼をしよう

不動産の売却では、地域密着型の不動産、大手の不動産に関わらず、選択した業者ごとに査定額は異なります。査定額に100万円以上の違いが生じることは日常茶飯事で、いたって普通に生じます。ですから、査定は1社だけに任せないようにしましょう。差額が生じるということは、100万円損をしてしまう可能性があるということです。

ですから、売却する際のポイントとして、複数の会社に査定を依頼することをお勧めします。世の中には、一括で見積もりを複数の会社から見積もりをしてもらえる一括査定サービスもあります。無料で使えるサービスもあるのでまずは使ってみるのは一つの手段として考えられます。悪質な業者を排除している安全なサービスかどうかを判断したうえで使用するとよいでしょう。見分ける際には、運営会社がきちんとしているか、きちんと本社がある会社かなど確認して使用するのがおすすめです。当然、サービスを利用したからといって必ず売却をしないといけないということはありませんのでいったんの目安として初回に利用するのにはとても便利です。

藤沢エリアの不動産動向について

ここで、藤沢市の不動産の動向について説明したいと思います。土地1㎡あたりの価格の相場状況や動向を把握するために国土交通省地価公示・都道府県地価調査を見るのがお勧めです。その資料によると、藤沢市の不動産価格は、ここ10年の間に最も高額な時期と比べると10%程度低下しています。ほかの東京や大阪などをはじめとした全国の不動産価格の平均価格がオリンピック開催に向けて上がっていることを考慮すると、現在も下がり続けているのでよい状況とは言えません。10パーセントといいますと、土地は高額ですから、かなりの影響をうけることはいうまでもありません。

また、藤沢市の人口は安定しています。(総務省国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所将来推計人口より)。その一方で、他県と同様少子高齢化は進み、高齢化率はだんだんと高くなっています。ですから、不動産を購入するリッチ世代の人口は減っていくことが予想されるので土地の価格については注意してください。一般的に言われているのは、人口の増減は土地の価格にも影響すると考えられています。

売却をすでに考えている方は早めの売却をおすすめします。機械損失を広げないようにすることが重要なのはいうまでもありません。まずは査定金額を出してみて考えてみるのがいいでしょう。1社だけではなく、複数社に問い合わせて藤沢エリアの相場観を頭に叩き込んでおいてください。

不動産の選び方

色々なパターンを考えた結果、実際に売却を検討したい、もはや売却を今すぐにでもしてしまいたいと思ったら、大小の不動産に関わらず簡単にチェックできるポイントがありますので紹介します。

売却額や査定額は、不動産ごとに見解に違いが生まれるものの、不動産の売却をするときに不動産屋に支払う手数料は、法律で決められていますので変わりません。具体的には、取引価格の3%+6万円+消費税と決まっています。

選ぶポイントですが、意外に思われるかもしれませんが、電話対応が乱雑な業者はやめましょう。そんなあたりまえのことか、と思われるかもしれませんが、かなり重要です。

中小企業でも乱雑な対応をするスタッフはいますし、大手だから丁寧で安心というかけではありません。どんなに乱雑でも一度お世話になってしまったらなかなかその後断れないもの。最初の印象が悪い会社はやめておきましょう。何度も顔を突き合わせて話す可能性があるのですから、自分が気に入る対応をしてくれるかどうかで決めて損はありません。実際に質問や疑問などを相談してみて、気持ちの良い対応をしてもらえるかなど確認してみるのがよいと思います。

また、ホームページのクオリティや専任の媒体物件が多いかも確認しておきたい点です。大企業の不動産であれば、ほとんどクオリティに差は出ませんが、中小であればホームページの作りである程度の規模や売り上げは予想可能です。

また、専任媒介物件の大小は、業者指定の案件が多いことを意味しますので信頼につながります。

スタッフのサポート体制は万全か

地域のことを熟知していること、情報量が多いこととは別に、スタッフの質も売却する際に見ておくポイントです。肩書が全てではありませんが、住宅を取り扱う際の資格には様々なものがあります。例えば、宅地建物取引士です。宅地建物取引士とは、宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者です。一般にいう不動産会社が行う、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実に法に定める事務(重要事項の説明等)を行う、不動産取引法務の専門家といわれています。

また、不動産業者内に弁護士はいますでしょうか。売却理由の中に、遺産分割や遺言に関する訴訟、成年後見や信託などの理由で売却を考えている場合法律的な相談ができると心強いです。さらに、司法書士がスタッフとして常駐していると体制としては万全です。司法書士とは、登記を通じた争いごとを防いだり、成年後見業務などの資産の管理方法を整理したり、裁判が絡むような問題が発生した際の裁判事務を行ったりするなど、本人に寄り添って解決に努める身近な法律家です。特に、不動産売却の際は、司法書士に相談することが予想されることとして、相続や遺産分割協議書の作成、不動産の名義変更の手続き、遺言書作成、判断能力を喪失した方の後見制度の利用手続きなどをその場で聞くことが可能になるので安心感は増すでしょう。

最後に土地家屋調査士はいますでしょうか?土地家屋調査士は、不動産の状況を登記記録に性格に記述するために詳細な調査や測量を行う専門家です。

例えば、不動産(土地又は建物)土地の分筆登記の場合は、現在地の状況や隣接する所有者の立会い、登記所にある地図などの資料を入手し公法上の筆界を確認します。不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること、また、不動産の表示に関する登記は、依頼人が必要な場合所有者の代理で行うなどします。調査・測量の結果から、建物を新たに建てた場合における建物の表示の登記や土地の分筆の登記などの登記の申請手続をしています。

その他にも不動産表示についての審査請求の手続に関しても代理で行うことがあります。売却したいと思い不動産を訪れた際に境界明示・境界確定測をすることが可能です。境界標がそもそもなかったり、お持ちの登記内容と面積が異なる、土地を分けたい、過去に建て替えて増やした部分の建物登記などで相談が必要になります。売却する際、不動産を適正な取引の財産にするために性格に価値をはかる必要があるのですが、そのような資格を持ったスタッフが常駐しているかは見るべきポイントです。

藤沢エリアを熟知した頼れる不動産売却会社はここ