藤沢【北部】の
おすすめ不動産会社
『湘南ハウジング』
藤沢【南部】の
おすすめ不動産会社
『湘南レーベル』
湘南ハウジング
公式サイト≫
湘南レーベル
公式サイト≫

おすすめの理由は?→藤沢市の不動産売却マップ

不動産売却の必要書類について

不動産売却に必要な書類は?

登記簿謄本または登記事項証明書

不動産売却に一番重要な書類と言っても過言ではない、登記簿謄本または登記事項証明書。これらは、その不動産の所有者が誰なのかを示したものです。登記簿の写しを紙で用意するか、電子版で発行するかの違いがあります。発行は法務局でしてもらいます。

売買契約書および重要事項説明書

こちらも非常に重要な書類です。対象の不動産を誰から購入したのかを示す書類となります。売買契約書には契約した日やいくらで売買したのか、物件の状況などが記載されています。重要事項説明書には売買をするにあたって、どのような条件があったのか、どのような告知があったのかが記載されています。次の購入者に開示する必要があるので、事前に準備しなくてはなりません。

登記済権利書または登記識別情報

登記の名義人に発行されるのが登記済権利書です。登記簿謄本と合わせて準備するのが一般的です。誰が所有している不動産なのかを証明するための書類です。不動産登記法の改正に伴い、登記がインターネットでもできるようになったため、法務局から通知される登記識別情報が登記済権利書の代わりとしても使うことができるようになりました。

土地測量図・境界確認書および物件図面、設備仕様書

これらの書類はマンションやアパートなどには必要がありません。土地の売買を伴う場合、または一戸建ての売買の際に必要となります。対象の不動産や土地がどこからどこまで自分のものなのかを証明する書類となります。近隣住民とのトラブルとならないよう、境界線がしっかりと記載されています。境界が未設定の場合は、近隣住民と話し合った上で測量を行う必要があります。物件がどのような図面になるのか、またどのような設備を持っているのかを書面に落としたものも必要になります。これが、物件図面・設備仕様書となります。

固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書

税金関係の書類も不動産売却に必要となります。不動産にかかる固定資産税や登録免許税がいくらになるのかを計算するのに必要となります。固定資産税は売却するタイミングによって返金があるので、その証明にも必須の書類となります。

建築確認済証および検査済証、建築設計図書・工事記録書

一戸建ての売却に必要な書類で、対象の不動産が建築基準法に則って建てられたことを証明するものです。また、工事がちゃんと行われたかどうかを示すのが工事記録書です。リフォームをしたり、改築工事をする場合に必要となるので、売却時に購入者へ開示する必要があります。

その他書類

実際に売却する際には、本人確認書類や実印・印鑑証明書・住民票・銀行口座通帳・ローン残高証明書なども必要となります。不動産会社に求められるので、準備をしておいてください。