藤沢【北部】の
おすすめ不動産会社
『湘南ハウジング』
藤沢【南部】の
おすすめ不動産会社
『湘南レーベル』
湘南ハウジング
公式サイト≫
湘南レーベル
公式サイト≫

おすすめの理由は?→藤沢市の不動産売却マップ

土地を売りたい

 ここでは土地を売却する際に知っておきたい情報や手順などを紹介していきます。

土地売却の流れ

まずは土地を売却するときの、おおまかな流れを知っておきましょう。

情報収集

売却する土地にどんな法律制限がかかっているのか、エリアの土地価格相場はいくらかなど、まずは土地売却にまつわる情報を集めます。しっかり情報収集しないと、不動産会社選びや価格設定などで損をしてしまうことも。

必要な書類を揃える

土地の売却では権利書や納税証明書といった書類に加え、住民票や印鑑証明などさまざまな必要書類があります。しっかりと情報収集した後は、早めに準備できる書類を用意しておきましょう。後回しにするといざ買主が決まってから慌てて準備することになり、スムーズな取引ができません。

不動産会社に依頼~媒介契約

情報収集や書類の準備と並行して、売買を依頼する不動産会社を選びます。地域の評判や店構えなど比較し、信頼できる会社を選びましょう。土地の査定価格が違う場合もありますので、比較は大切です。不動産会社が決まったら媒介契約を結んで、買主を探してもらいます。

購入希望者と交渉

土地の購入希望者が見つかったら、不動産会社を通じて価格や条件などを交渉します。不利な条件とならないように、細かい部分までしっかり検討しましょう。

契約・引き渡し

無事条件が煮詰まったら、不動産会社立会いの下で売買契約を交わします。契約後は定められた期間や手続きを経て土地を引き渡し、売買代金が支払われて取引は完了します。

土地売却時に注意すべきポイント

土地を売る際の準備や特に気を付けるべきポイントをまとめました。

売却する理由の整理

土地の売却を考える際、そもそも売却に至った理由があると思いますので、目的や理由をハッキリさせましょう。新居の資金作り、転勤で遠くに離れるためなど、目的がしっかりしていれば売却金額などの目標も立てやすくなります。「実家を解体した土地を処分する」など売却理由がはっきりしていると、買主に安心してもらえるというメリットもあります。

しっかり情報収集する

土地売却で失敗を防ぎスムーズに取引するためには、不動産会社任せでなく自分でもしっかりと情報収集をしましょう。エリア内の価格相場を知っておけば、価格設定や交渉の際に損を防ぐことができます。土地の相場は国土交通省が公表している公示地価などで調べることが可能です。

土地売買に強い不動産会社を選ぶ

一口に不動産といっても、一軒家をメインに扱う会社やマンションメインの会社など、得意分野はそれぞれ異なります。様々な不動産会社を見比べて、土地売買に強い不動産会社を選びましょう。物件数が多いため買主が見つかりやすく、取引のサポートもスムーズです。

隣地との境界をハッキリさせる

年数の経った実家の土地などで多いのは、境界線があいまいになっていることによる近隣トラブル。老朽化したブロック塀の倒壊などで境界の目印が分からなくなり、土地の境目をめぐって言い争いになってしまうことも少なくありません。こうした物件は当然買主からすれば要注意物件になってしまい売りづらくなるため、事前に土地家屋調査士などに依頼して境界をハッキリさせましょう。

家付き土地は更地にした方が良い?

相続した実家など建物付きの土地を売却する場合、建物を解体して更地にすべきかそのまま売却すべきか悩むポイントです。結論としては、建物の築年数やエリアによって一長一短があります。 建物付きの土地は建物を解体するか、リフォームして住むかを買主が選べるため、買主の目に留まる可能性は高くなります。特に建物の築年数が浅い場合や、土地の制限などで建て直しが難しいケースなどは家付きの方が売りやすいでしょう。 反面、解体期間や費用が掛かることから、新築を考えている買主にとっては面倒なイメージがあるかもしれません。市街地など駐車場が多いエリアでは、更地の方が駐車場オーナーに検討してもらえる可能性が高いでしょう。 このように家付きと更地はそれぞれ売却時のメリットがあり、条件や目的次第でどちらが良いかは変わってきます。エリアの土地価格相場、中古物件価格相場などのデータも比較しながら、プロである不動産会社によく相談して判断しましょう。