戸建て?マンション?不動産会社によって違う得意分野

ここでは藤沢で戸建てやマンションなどを売却する場合の不動産会社を見極める方法について解説しています。

気をつけよう!不動産会社によって違う得意分野

不動産を売却する場合はどんな不動産会社に相談しても同じということはありません。大手や中小など規模の違いの他に得意・不得意が必ずあるからです。

この違いを全く考えずに適当に不動産会社を選んで売却の相談をしても、なかなか売却が成立しなかったり、売却できても後々買主とトラブルが発生する可能性があります。

一口に不動産会社と言っても管理業務、賃貸業務、売買取引業務など様々な取り扱い業務があり、会社によって行っていることが全く違うのです。

賃貸住宅の仲介を専門に行う会社、建設したマンションや一戸建ての販売をメインにする会社、競売物件の転売の収益で成り立っている会社、法人顧客を主に相手にする会社など同じ免許でも様々な営業形態があります。

したがって不動産会社という尺度だけで選ぶのはリスクが大きいと言えます。ケガをした時には内科には行かずに外科を受診するのと同様に、不動産売却をする際もそれを得意とする不動産会社を選ばなくてはいけません。

不動産会社を見極める3つの方法

不動産会社は病院の診療科のようにハッキリとした区分がないため、どこも同じように見えてしまい判別するのが難しいかもしれません。そこで得意・不得意を見極める方法について整理しました。

ホームページの内容を確認する

今ではホームページを持たない会社はないくらいですので、不動産会社のホームページを確認するのが最も手軽にできる方法です。

様々な業務を取扱っていてもページ構成から何に力を入れているかを読み取ることができるはずです。物件検索ができる場合は実際に検索してみてください。賃貸物件は何十件もヒットするのに分譲物件はほとんどないということがよくあります。

広告掲載の内容から判断する

新聞や雑誌の広告では限られたスペースの中に必要な情報を掲載しなければならないという制限があります。そこにはアピールしたいこととそうでないことが明確に表れるはずです。

売買物件が得意な不動産会社なら必ずそれを中心に掲載しているはずですし、逆にあまり問合せが欲しくないことはカットしています。ホームページでは何でもできるように見せていても広告では得意・不得意がはっきりわかります。

実際に店舗まで行って確認する

地元に気になる不動産会社があったり、大手不動産会社で営業店がある場合は実際に足を運んでみるとよいでしょう。中に入って相談しなくても得られる情報はたくさんあるはずです。

例えば店先に掲載している物件情報で目立つ場所にあるのが、その不動産会社の得意とする分野です。また訪れる客層も判断材料の一つになります。学生や若い人が多ければ賃貸物件が得意ですし、年齢層が高ければ売買物件を多く扱っている可能性が高いと言えます。

藤沢エリアで家・土地を任せたい不動産売却会社はここ