不動産の売却の依頼をするタイミングはいつがベスト

ここでは不動産売却で高く売れる時期や売却の決め手となるタイミングについて解説しています。

人が移動する時期は売買も活発になる?!

不動産売却には高く売れる時期(売り時)があって、一般的には1年の中では2~3月がよいと言われています。なぜこの時期がベストなのかと言うと、4月から新生活がスタートするからです。ちょうど転勤や入学の時期なので、それまでに不動産を購入したいという需要が増えるということです。また供給側にとってもこの時期までに何とか売りたいと考えるので売買が成立しやすいのです。また、2~3月のタイミングに間に合わなかったという場合は、9月をターゲットにするとよいでしょう。社会人の転勤など春に比べるとやや落ちますが、移動シーズンだからです。

売り時に合わせるためには売却活動を2~3ヶ月前から行うことをおすすめします。3月ギリギリになっていきなり始めると、余裕がなくなって売り急ぐことになり値を下げてしまうことになるからです。4月に入ってしまうと売却したくても売れなくなり、日本の場合は夏場の暑い時期にも不動産取引は減ると言われています。不動産売却を考えるならこうした売れる時期、売れない時期を把握しながら売却活動をすることが重要です。

ただしこれらは一般論として動きの出やすい時期というだけで、地域の特性や事情はまた別の話です。地域や細かいエリアによっての違いや時期的にどうかといった売却に必要な知識やノウハウは、地域密着の不動産がより深く新しい情報を知っているはずです。売却事情により長けた会社へ早めに相談することをおすすめします。

藤沢エリアを熟知した頼れる不動産売却会社はここ

環境の変化や返済状況によってのタイミング

世の中の動きや購入する側のことを考えた不動産売却は大切なのですが、自分の置かれた環境や事情も無視することはできません。

この自分の事情には突発的に発生する予測不可能な事情とお財布事情の2つがあります。

ライフスタイルの変化

予測不可能な事情とはライフスタイルの変化です。

子供が独立したり入学するといったことは予想が可能ですが、離婚や相続、病気などで入院・通院など急に生活環境が変わり、売却期日にあまり余裕がないこともあります。

運良く売却時期が2~3月と重なれば良いですが、そうでない場合はそれ以外でできるだけ売れる時期を探さなければなりません。

ローンの返済状況

お財布事情とは住宅ローンの返済状況です。

買い替えで不動産の売却を行う場合、最も気になるのが残債です。資産価値が上がって売却することで残債もなくなるのであれば迷うことはありませんが、売却した後も残債があると住宅ローンが組めたとしても返済が苦しくなります。

債務整理で任意売却するのであればそれしか方法はありませんが、単純に不動産売却を行う場合に住宅ローンの返済により、その後の家計を圧迫するような状況であれば売却は見送ることも考えなければなりません。