不動産相続時と相続不動産売却時の費用

ここでは不動産を相続した時や相続不動産を売却する際にかかる費用について解説しています。

不動産を相続するとどんな費用がかかる?

不動産を相続した時に注意したいのが、相続税と相続登記をする際に費用がかかることです。相続税に関しては時価を計算するのではなく、固定資産台帳や路線価などから算出した評価額に対して1.4%の税率で課税されることになります。

また、相続した不動産を登記(相続登記)する時には以下の費用がかかります。

登記事項証明書代 600円/件
戸籍・住民票・評価証明書代 数千円
登録免許税 固定資産税の1000分の4
その他 交通費など実費

自分で登記手続きをする場合はこれだけなのであまり負担にはなりませんが、相続する不動産の内容によって手続きが複雑になったり用意する書類に違いがあります。弁護士や司法書士などの専門家に依頼した方が安心ですが、その場合には別途費用が発生します。依頼先によって料金は異なりますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

相続登記はいつまでに行わなければいけないという期限は法律で定められていませんが、登記を行わないと売却ができないので注意が必要です。

藤沢エリアで相続物件売却を相談できる不動産会社はここ

相続不動産を売却するとかかる費用

相続によって取得した不動産を売却する場合は、不動産会社に依頼することになりますが、相続不動産であっても特別なことはなく通常の不動産売却と同じように費用がかかります。

不動産仲介手数料

不動産会社に買主を見つけてもらうと売却仲介手数料が発生します。仲介手数料は成功報酬なので買主を見つけられなかった場合はかかりません。また、仲介で売り主を探してもらう場合に発生する以下の手数料は、不動産会社の買い取りでの売却時には発生しません。

仲介手数料の額に関しては以下のように法律で上限が定められています。

不動産の売買価格 手数料の上限
200万円以下 5%
200万円超400万円以下 4%
400万円超 3%

なお定められているのは上限ですので、不動産会社との交渉で金額は変わることもあります。支払うタイミングについて、決まりはありませんが買契約締結時に50%、物件引渡し完了時に50%というケースが多いようです。

不動産譲渡所得税

不動産を売却することで利益を得た場合(売却益)には、それに対して不動産譲渡所得税がかかります。不動産譲渡所得とは売却金額から物件の購入代金、購入手数料、設備費などの取得費を引いたものです。

但し、相続によって不動産を取得した場合には相続税の取得費加算の特例により、不動産譲渡所得税を減額することができます。これは取得費の中に相続税の一部を加算することで、不動産譲渡所得を減らすというものです。

この特例を受けるためには以下の条件を満たす必要があります。

相続税が取得費に加算される特例については国税庁のホームページで必ず最新の情報を確認してください。