不動産相続時と相続不動産売却時の費用

ここでは不動産を相続した時や相続不動産を売却する際にかかる費用について解説しています。

不動産を相続するとどんな費用がかかる?

不動産を相続した時に注意したいのが、相続税と相続登記をする際に費用がかかることです。相続税に関しては時価を計算するのではなく、固定資産台帳や路線価などから算出した評価額に対して1.4%の税率で課税されることになります。

また、相続した不動産を登記(相続登記)する時には以下の費用がかかります。

登記事項証明書代 600円/件
戸籍・住民票・評価証明書代 数千円
登録免許税 固定資産税の1000分の4
その他 交通費など実費

自分で登記手続きをする場合はこれだけなのであまり負担にはなりませんが、相続する不動産の内容によって手続きが複雑になったり用意する書類に違いがあります。弁護士や司法書士などの専門家に依頼した方が安心ですが、その場合には別途費用が発生します。依頼先によって料金は異なりますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

相続登記はいつまでに行わなければいけないという期限は法律で定められていませんが、登記を行わないと売却ができないので注意が必要です。

藤沢エリアで相続物件売却を相談できる不動産会社はここ

相続不動産を売却するとかかる費用

相続によって取得した不動産を売却する場合は、不動産会社に依頼することになりますが、相続不動産であっても特別なことはなく通常の不動産売却と同じように費用がかかります。

不動産仲介手数料

不動産会社に買主を見つけてもらうと売却仲介手数料が発生します。仲介手数料は成功報酬なので買主を見つけられなかった場合はかかりません。また、仲介で売り主を探してもらう場合に発生する以下の手数料は、不動産会社の買い取りでの売却時には発生しません。

仲介手数料の額に関しては以下のように法律で上限が定められています。

不動産の売買価格 手数料の上限
200万円以下 5%
200万円超400万円以下 4%
400万円超 3%

なお定められているのは上限ですので、不動産会社との交渉で金額は変わることもあります。支払うタイミングについて、決まりはありませんが買契約締結時に50%、物件引渡し完了時に50%というケースが多いようです。

不動産譲渡所得税

不動産を売却することで利益を得た場合(売却益)には、それに対して不動産譲渡所得税がかかります。不動産譲渡所得とは売却金額から物件の購入代金、購入手数料、設備費などの取得費を引いたものです。

但し、相続によって不動産を取得した場合には相続税の取得費加算の特例により、不動産譲渡所得税を減額することができます。これは取得費の中に相続税の一部を加算することで、不動産譲渡所得を減らすというものです。

この特例を受けるためには以下の条件を満たす必要があります。

相続税が取得費に加算される特例については国税庁のホームページで必ず最新の情報を確認してください。

藤沢エリアで不動産を相続しようと思ったら

家族の転居や、新居の購入の他、様々な理由により、土地や所有権を手放す。または受け継ぐことになってしまった。そんな時、まずどうしようか、困ってしまいますよね。不動産というのは所有しているだけで固定資産税というものがかかってしまうので、手放したりする人も多いようです。また受け継ぐだけでも固定資産税を払わないといけないので、それを考慮して相続しないといけないということを頭に入れておきましょう。では、実際に藤沢エリアで相続をした場合の費用はどのくらいかかるのでしょうか?

藤沢エリアの料金シミレーション

藤沢エリアで不動産を相続した場合の料金

まず、物件の固定資産評価額の0.4%ほどが登録免許税としてかかります。例えば物件が2000ほどでしたら8万円ほどかかります。これを申請するのにも、相続登記という手続きが必要になります。

相談登記とは不動産所有者が亡くなって、所有者が変更した際に、新たな所有者へ名義変更を行う手続きの事です。これがないと不動産相続ができませんので、注意が必要です。また、不動産相続には様々な書類が必要になります。例えば、住民票や家系図など数十種類に及ぶものです。これの取得事態にそれほど費用はかかりませんが、取得するのに手間がかかるので、業者に任すことも多いです。確かに、自分でやれば費用はかかりませんが、代行業者などに頼むと安くて2.5万円ほど、諸々の書類をすべて任したりすると、10万近くします。

相続に必要な書類

不動産相続には想像以上に多くの書類が必要になります。その度に法務局や役所などに行くのでかなり時間がかかり、手間がかかります。必要書類の一例を下記に挙げると

これは一例なので、それぞれのケースによって追加の種類が必要になります。これを集めるだけでも大変ですよね。申請も数時間かかりますし、時間がかかって仕事にも支障がかかります。そのため、これらの作業を業者に一括で任せる人も多いようです。仕事を休んだほうが、損失が大きいので、頼んでおいたほうが無難です。

相続は突然やってくる

うちに限ってそんなことはない。まだまだ先のことと思っていると、不幸は突然やってきたりします。なので、その時が来て慌てないために準備をしておくことが必要です。

遺言をもらう

エンディングノートや終活も流行りですが、本当に財産整理はしといたほうが良いです。遺書がある場合は、それに従って財産を分割します。それがないともめやすいのですが、相続の権利のある人が集まって分割を話し合います。

土地を調べる

相続の対象の土地を調べなくてはなりません。登記事項を調べるために法務局へ行き、登記事項証明書を取得します。ここには、土地の広さや住所、所有者に関することも書かれており、証明書にもなるので、まずはここからスタートとなります。

代行業者に依頼する

自分で抱え込んで、ああだこうだ悩んでも答えは出ないことが多いです。では、どうしたらいいか。相談するところはたくさんあります。代行業者というものも多く存在するので、そういうところを頼るのもいいです。専門の知識を持ったプロフェッショナルのスタッフだと、きちんと相談に乗ってくれるので大変心強いです。また、代行で作業までやってくれるところもありますので、利用するのは便利です。相談だけでもいいですし、代行までやってもらうのもいいです。

相続する前に必要になる作業

土地などを相続すると言っても、前提としてやらないと先に進まないこともあります。手続きとして、戸籍の取得や住民票の取得はまだいいかもしれませんが、登録免許税など登記に必要な書類も必要になります。こう言ったことも代行業者を頼めば、費用はかかってしまいますが、安くやってもらえるので自分でやるより時間も節約できるので便利です。

自分でやる場合と代行する場合の費用

費用をかけたくない、やれるところは自分でやりたい。そういう場合、多少は安く済みますが、全くのただでできるわけではありません。必要書類を集めるのに実費として費用がかかります。おおよそ1から5万円程度します。また、代行業者に頼む場合、報酬という形でプラス費用が、6から10万ほどかかります。この費用をかけるかかけないかは自由ですが、専門の人でないと書類の書き方も調べないといけないですし、書き直しなど無駄なことをしていたらもったいないです。なので、この辺りは任せておいてもいいのかもしれません。

藤沢エリアで代行業者を利用するなら

神奈川県の藤沢エリアの不動産を相続しようと思ったら、藤沢エリアの代行業者に頼むのは普通考えることです。確かにメリットとして近くですし、頻繁にやりとりや融通が利きそうです。また、地域に精通したスタッフなので信頼できます。逆、藤沢エリアでないといけないと考えすぎてもよろしくないです。今では日本全国どこの不動産でも名義変更などができます。オンラインで申請などできますし、どこでもできる便利な時代になりました。手数料もかからない場合もあるので、どこにあっても業務は遂行してくれるでしょう。

藤沢エリアで寄付する

所有していると固定資産税などで費用がかかってしまう。最近では、寄付という形で、無料で資産を受け渡す人が増えているようです。全国のかなりの割合の家が空き家というように、所有しているだけで費用がかかってしまうので手放してしまいます。これを寄付と言って、市町村などの自治体や個人などに寄付することがあります。

寄付を受けたら費用は?

突然、知人から土地などの不動産権利を譲ってもらった。単純に考えれば資産が増えてラッキーとか、自分の土地が増えて嬉しい。昔、桃太郎電鉄という資産をサイコロで増やしていくゲームがありましたが、現実ではそんなに甘くないです。受け取る側も固定で税金がかかってしまうのです。なので、受け取る側ももらえるからラッキーと考えるのではなく、税金を定期的に払っていける余裕があるのかしっかり考えてから受け取りましょう。相手も大人ですから、受け渡す時にメリットがないと渡しませんよね。むしろ押し付けてやったくらいに考えている人もいると思って、慎重に不動産のやり取りは行いましょう。

銀行に頼む

不動産の相続手続きをするには、自分でやる、代行業者に頼む、その他には銀行に頼むという手もあります。しかしながら銀行の方が、費用がかかってしまうケースが多いです。都市銀行などの窓口では、相続手続きの代行サービスも請け負っているところもあるのですが、結局は提携している税理士や司法書士の専門家に頼むことになるので、銀行がやるから騙されることのない安心感はありますが、費用面ではデメリットが多いです。代行業者の2倍3倍はすることが多いのでよく検討することが必要です。

明日困らないために

家族にいつ何が起こるかわかりません。明日、遺産を相続する時に困らないために、生きているうちから準備を進める。また、生きているうちに相続を行う生前贈与なども踏まえて、相続するために心構えをしておいたほうが良いです。