藤沢【北部】の
おすすめ不動産会社
『湘南ハウジング』
藤沢【南部】の
おすすめ不動産会社
『湘南レーベル』
湘南ハウジング
公式サイト≫
湘南レーベル
公式サイト≫

おすすめの理由は?→藤沢市の不動産売却マップ

不動産売却のメリット・デメリット

ここでは不動産売却にあたってのメリットとデメリット両方をまとめています。

不動産売却のメリットとデメリットをチェック

不動産売却のメリット

不動産売却には以下のメリットがあります。

不要な不動産を現金化できる

資産を現金化できるというのは、一番のメリットと言えるでしょう。現金化したお金を生活費に充てるのも良いですが、不動産相続時に不動産のままで所有しているよりも現金化されていたほうが遺産分割をしやすくなります。

維持費が不要になる

住む人がいない住宅を所有している場合、建物のメンテナンスや土地の手入れを定期的に行う必要があり維持費がかかります。しかし、不動産を売却することで維持費やその手間が不要になります。

固定資産税・都市計画税などの税負担が減る

土地を使っていない場合でも所有しているだけで、固定資産税や都市計画税などの税金を支払わなくてはいけませんが、売却すればこれらの税負担を減らすことができます。

ローン借入時の保証料が戻ってくる

売却で得たお金を使ってその住宅ローンを完済することで、銀行保証料が戻ってくるというメリットがあります。もちろん、その後の利子負担もなくなります。ローン返済に困っていた場合にも、完済することで精神衛生上もよい効果が得られるでしょう。

不動産売却のデメリット

不動産売却には以下のデメリットがあります。

諸費用が発生する

不動産売却の際には、譲渡費用として印紙税や測量費、仲介手数料等の費用が発生します。これらの費用は想像以上に高額になる可能性が高いです。売却によって得られた利益に対しても、譲渡税(所得税、住民税)が課税される場合もあるので、注意が必要です。

手続きに時間がかかる

不動産売却には、不動産会社に相談をしてから引き渡すまでに査定や契約の手続きが必要です。手続きが進むと、販売活動や購入希望者探しを始めますが、実際に購入希望者が見つかるまでの期間も生じます。売却は、ある程度時間がかかるものだということを念頭に入れておくと良いでしょう。

手放した物件を再度購入するのが難しくなる

一度売却をしてしまうと同じ物件を再度手に入れるのは非常に困難です。後悔しないように、よく考えてから売却プランを練りましょう。

不動産売却はどののタイミングで検討するべきか?

所有している土地や建物を維持しメンテナンスする人がいない場合、将来的に利用する予定がない場合には、維持費の負担を考えるとなるべく早いタイミングで手放してしまう方が得策と言えるでしょう。遺産相続の際に相続人が複数いる場合にも、不動産のままよりも現金化して分割したほうが明確です。また、不動産を相続したものの相続税を支払えないといった場合も、売却を検討することになるでしょう。 いずれの場合も、不動産の将来的な活用ができるかといったこともよく考えた上で決定すると良いでしょう。