藤沢【北部】の
おすすめ不動産会社
『湘南ハウジング』
藤沢【南部】の
おすすめ不動産会社
『湘南レーベル』
湘南ハウジング
公式サイト≫
湘南レーベル
公式サイト≫

おすすめの理由は?→藤沢市の不動産売却マップ

  

不動産売却時に知っておきたい湘南エリアの価格相場とは?

不動産売却の価格相場はどのように決まる?

不動産売却の価格相場は価格指標と取引価格を参考に決められます。また、価格相場の目安となる価格指標は、「地価公示価格」「基準地公示価格」「路線価」の3種類があります。

不動産の価格相場を把握するための価格指標

不動産の価格相場を知りたい場合は、「不動産仲介会社に相談する」もしくは「公的な価格指標を調べる」といった方法があります。不動産仲介会社に相談をするには早いという場合には「公的な価格指標を調べる」が適しており、公的な価格指標には地価公示価格・基準地価格・路線価の3種類があります。

地価公示価格

地価公示法に基づいて規定される価格指標となっており、毎年1月1日時点での標準地1㎡あたりの価格指標のことです。毎年3月頃に国土交通省により公表されています。

地価公示価格は不動産取引にある程度の指標を示し、公共用地に見合った取得価格を計算することなどを目的としています。地価公示価格が公表されている標準値は日本国内に2万箇所以上が存在しています。

基準地価格

基準地価格とは9月頃に、それぞれの都道府県で発表される年の7月1日現在での基準地1㎡あたりの価格指標のことを指します。不動産取引において一定の目安となること、公共用地が見合った取得価格で計算されるようにするといった役割を担っています。基準地価格は地価公示価格とは発表時期が異なり、調査地点も異なっている場所があり、役割をカバーしあうような役割も持っています。

路線価

線路価はメインとなる道路に面している標準的な宅地1㎡を目安とした評価額です。路線価には2種類あり、国税局が公表し相続税や贈与税の課税基準としている「相続税線路価」と固定資産税や都市計画税の計算においてベースとなる各市町村が発表する「固定資産税路線価」があります。路線価は基本的に公表されている価格の7~8割ほどと評価され、不動産ごとの特性は考慮されないので注意が必要です。

不動産価格(成約価格)や売り出し価格を調べる方法

土地総合情報システム

土地総合情報システムは国土交通省が不動産購入者へアンケート調査を行い、結果に基づいて実際の取引での不動産価格情報などを掲載しているサイトのことです。どの物件のことなのかを特定することはできません。しかし、地域を指定すると取引総額・土地面積・構造・取引時期といった不動産取引の詳細を検索したり地図上で手軽に検索できるシステムとなっています。

レインズ・マーケット・インフォメーション

レインズ・マーケット・インフォメーションでは国土交通大臣により指定された全国にある不動産流通機構の4団体による全国指定流通機構連絡協議会が持つ実際の物件売買での取引価格をはじめとした情報が確認できます。物件は特定できませんが、マンションや戸建てといった希望の物件の種類・エリアを指定すると物件の価格や土地面積・築年数・成約時期といった過去のデータを確認でき、土地総合情報システムと同じように不動産価格に関する質の高い情報を確認できます。

不動産ポータルサイトなどの売買物件情報

不動産ポータルサイトをはじめとした不動産に関する情報提供を行うサイトでは、現在売却中の物件情報を見ることができます。また、希望しているエリアで物件情報を検索すると売り出されている物件の不動産価格を確認できます。

しかし、物件情報はあくまでも売り出し価格で、成約価格ではありません。中には物件価格を相場よりも高く設定していたり、長い時間をかけて販売活動していたりする物件が混ざっていることもあるので売り出し物件の相場を理解しておくことが重要です。

実際に査定依頼をする

価格相場情報や不動産の売り出し価格を検索することで情報を集めると、取引における多くの情報を入手することができます。しかし、実際に売却する場合には不動産会社に査定を依頼し、データや情報の分析も行っている不動産売却のプロに相談することが大切です。